よくある質問

お客様より、よくお問い合わせをいただく質問をまとめましたので、是非ご参考ください。
掲載がない質問も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q:香典返しとは?

A:御香典を頂いた方へ、四十九日の忌明け法要が無事済んだことのお礼として挨拶状を添えて贈る品物です。

Q:香典返しの時期は?

A:四十九日忌明け法要後に、直接お渡しするか郵送にて贈ります。

Q:香典返しの予算はいくらぐらいですか?

A:昔から半返しという言葉があるように、香典の半分ほどの金額の品を選んでお返しします。
当社割引にて約三分の一程度でお返しされます。

Q:どんな物を贈ったらよいのでしょうか?

A:不祝儀のお返しなので使い切って後に残らない物がいいとされます。
石鹸・洗剤・お茶や消耗品のタオルなどもいいでしょう。
近年ではお好きな品を選べるカタログギフトが人気です。

Q:のしの選び方は?

A:一般的に仏事用ののしは、一度結ぶと引っ張ってもほどけない事から
二度繰り返してほしくない場合に使われる「結び切り」を使います。
当社では、蓮・黄白の二種類をご用意致しております。

Q:のしの表書きはどうしたらよいでしょうか?

A:香典返しの場合、表書きは宗教によって様々で、仏式「忌明志・満中陰志」 宗教関係なく使用できるのが「志」 キリスト教・神式「偲び草」を用いられることが一般的です。基本的に香典返しは、四十九日法要後(忌明けと言います)お世話になった方々へ忌明けの報告とお礼を兼ねてお返しするものなので、表書きに悩まれる方は「忌明志」をお選びいただくことをお勧め致します。

Q:内のしと外のしとありますが、どちらがよいでしょうか?

A:香典返しは、当家からされるため、へりくだる意味も込め内のしを使用します。
粗供養の場合は、当家は内のしで、ご親戚・他所からのものは外のしとして包装します。

Q:命日以外の日に法要をしてもいいのでしょうか?

A:お寺様や法要場所や集まられる方々のご都合が悪いようでしたら、命日を過ぎることのないよう前倒しでとり行われることもあります。一般的には、命日より早く法要を行うケースもありますが、遅くすることは稀です。

Q:友引の日に法要をしてもいいのでしょうか?

A:大丈夫です。一般的にお葬式は友引を避けますが、法要に関してはあまり気にしないようです。
お葬式は忌みごと、法要は祝いごとと捉える考え方もあるようです。

Q:何品用意するのですか?

A:香典返しは忌明志として1品。粗供養はご当家として3品程度が多いです。
特に数に決まりはないですが偶数は避ける傾向にあります。

Q:法事は何回忌までするものですか?

A:通常33回忌もしくは50回忌を以って弔い上げとし、「○○家先祖の霊」となります。
ちなみに法事をすべて挙げると、初七日~七七日(満中陰)・一周忌・三回忌・七回忌・・・
となります。それに加え、故人の命日や月忌(月命日)にお勤めいただくこともあります。

香典返しや各種法要の贈り物ならMY企画にお任せください!

Tel:0120-008-538

メールでのお問い合わせ・
資料請求はこちら

ページTOPへ戻る △

サイドメニュー

人気の資料

人気の資料はこちら

私たちが心を込めて対応させて頂きます。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。