法要のご案内

法事と法要の違い

皆さんも一度は耳したことがある言葉でしょう、「法事」と「法要」。
最近では法事と法要は同じ意味として使われている事も多いのですが、正確には少し意味が違います。

法事

故人の冥福を祈り、霊を慰めるために行うものです。
故人の供養の為に行われ、追善供養(ツイゼンクヨウ)といいます。
故人があの世で良い報いを受けられるように祈り、供養するものです。
追善供養が終わると、遺族・親族・友人・知人などで会食をします。

つまり法事とは追善供養後の食事の席など全体のことを言います。

photo

法要

法要も故人の冥福(冥土の幸福)を祈るために行うものです。
法要を営むことによって故人は極楽浄土に往生できるとされており
故人を供養するためには必ず必要な儀式です。
法要も一般に「法事」と呼ばれていますが、
厳密にはお経をあげてもらう追善供養のことをさします。

つまり法要とは住職にお経をあげてもらう追善供養のことを言います。

photo

ページTOPへ戻る △

四十九日とは

亡くなった人の命日を基準として七日ごとに行う「中陰法要」の最後の法要(満中陰)が四十九日です。

始めの七日目を初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)と続いて、
七七日が満中陰すなわち四十九日にあたります。
亡くなった人は、死後49日後に仏の元へ向かうとされています。
四十九日は、初七日から七日ごとに受けたお裁きにより来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、
「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。

故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように、
家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。
そしてこの日をもって「忌明け(きあけ)」となるので、法要後、忌明けの会食を開きます。
四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもあります。
忌明けを迎えるまでは、初詣や神社への参拝、結婚式への参列も控えたほうがいいとされています。
また、日取りは出席しやすい土・日曜日が多いようです。

ページTOPへ戻る △

四十九日法要の迎え方

死者の霊は、(仏教では)亡くなった日から7週間(四十九日間)は、
この世とあの世をさまよっているとされています。
この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。
その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって亡くなった人は、
初めて無事に極楽浄土に送り届けられる(浄土真宗をのぞく)とされています。
この期間は「忌中(きちゅう)」 といい、四十九日が過ぎると「忌明け(きあけ)」 となります。
忌明け法要は、親戚縁者を招いてお寺さんにお参りいただき、故人の成仏をお祈りします。

四十九日法要は忌明けの大切な法要です。
四十九日法要を行うためには、式場の手配や本位牌の用意など事前に
準備しておくことが多く、いつまでに何をしなければならないのかしっかりと把握しておく必要があります。
そのために必要な準備や当日の流れなど、事前に知っておくべきことをご紹介します。

必要な準備(葬儀後、出来るだけ早く)
日時・式場の決定

始めに日時の調整と式場を手配します。日時を決める際には
できる限り多くの人が集まれる日を優先するため、
本来の四十九日より前の土・日などがよく利用されます。

49日目を過ぎてから行うことは故人の魂を
待たせることになるため、避けるようにしましょう。
式場は菩提寺があれば寺院を利用することが多いですが、
なければセレモニーホールや自宅などが選択肢にあがります。
式場は日程によっては利用できない場合もあるため、
葬儀が終わってすぐに調整を始めるのがいいですが、
遅くとも1ヶ月くらい前には決めておきましょう。

photo

僧侶の手配

日時の調整と式場の手配と同時に、法要で読経を行う僧侶の手配を行います。
読経を行う僧侶のスケジュール次第では、法要を別の日時にずらさなければいけないこともあるため、
僧侶を指定する場合は出来るだけ早く依頼をするのがよいでしょう。
お墓の準備ができている場合は、四十九日法要と同時にお墓にお骨を収める納骨式を行うため、
納骨法要(のうこつほうよう)と呼ばれる法要も併せて依頼することになります。

案内状の手配

四十九日法要の日程などを知らせるために、案内状の準備も必要です。
身内だけで集まる場合には電話で済ませることもありますが、
その場合には正確に日時や場所などが伝わるように配慮が必要です。
参列するためには予定を調整する必要があるため、
日時や場所が決まればすぐに手配しましょう。

案内状に記載する内容については「挨拶状・のし紙」をご覧ください。

photo

必要な準備(2週間前まで)
本位牌や仏壇の用意

四十九日を境に、これまで使用していた白木位牌から本位牌に魂を移し、
また仏壇がある場合は仏壇の開眼法要を行います。本位牌には戒名の文字入れをしなければならず、
依頼から完成までは1週間~2週間程度かかります。
また仏壇を購入する場合も、店舗によっては配送に時間が掛かる場合があるため、
余裕をもって2週間前くらいには手配しておくようにしましょう。

料理・引き出物(香典返し)の手配

法要の後に行う会食や、参列のお礼と香典のお返しである
引き出物の手配をします。 会食を行わない場合には、
引き出物と一緒に折詰めの料理や酒の小瓶を渡すようにしましょう。
当日までに準備が完了できれば問題ありませんが、
できるだけ早めに手配しておきましょう。

引き出物については「厳選ギフト」「取扱カタログ」を参照ください

photo

ページTOPへ戻る △

法要の時期

仏教では、法要を行う日が決まっています。宗派によって様々な考え方がありますが、
仏教では人が亡くなってから四十九日まで(中陰)が忌中とされ、四十九日目(満中陰)に来世の行き先が
決まると考えられています。四十九日までは七日ごとに忌日が設けられており、それぞれ法要が営まれます。

このうち親族や友人などを招いて法事を営むのは、「初七日」と「七七日(四十九日)」で、
それ以外の忌日は、遺族のみで供養をすることが多いです。命日の100日後には、
「百か日法要」が営まれます。そして、以後、一周忌・三回忌と、三十三回忌まで法要が営まれます。
百か日までの法要を「忌日法要」と言い、一周忌以後の法要を「年忌法要」と呼びます。
なお、三回忌からは回忌という数え方になるため注意が必要です。

ページTOPへ戻る △

香典返しについて

四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)の法要が無事終了した後、
忌明けの報告とお礼をかねて行います。
 香典返しを送ることは悲しみに区切りがついたこと、忙しい中葬儀に
駆けつけてくださった方への、感謝の気持ちを示すことでもあります。

香典返しを送る時期

香典返しは、仏式では四十九日の忌明け後に、挨拶状を添えて送るのが一般的です。
故人が亡くなってから四十九日まで3ヶ月にわたる場合は、三十五日忌明け後に送ります。

最近は、通夜や葬儀の日に渡す「当日返し」も増えています。
当日返しを行った場合、高額の香典をいただいた方や、特にお世話になった方へは
忌明け後 挨拶状を添えて、改めて香典返しの品を贈ることもあります。  


当日返し

葬儀当日に香典の金額に関係なく一律に品物をお返しするのが「当日返し」です。
(即日返し・その場返しとも呼ばれます)
香典帳の整理など、葬儀後に手間がかからないことから、
近年都市部を中心に少しずつ増えています。


当日返しのメリット・デメリット

香典返しは香典を頂いた方に対するお礼の気持ちで、通常四十九日法要後に忌明けの報告と共に贈るものです。
しかし近年増加しているのが、葬儀当日に品物をお返しする「当日返し」です。当日返しすることにももちろんメリットはありますが、デメリットもありますので覚えておくとよいでしょう。


メリット

  • 四十九日の香典返しの商品選びの手間が省ける
  • 全員に同じ商品(2,500円程度)を選べば良い
  • 品物を発送する場合、送料の心配がない

デメリット

  • 当日返しの風習がない地域の方からは
    会葬御礼品と勘違いされてしまう可能性がある。(これはきちんとしたお品で準備することができれば防ぐことができます)
  • 当日持ち帰って頂くことを考えて重いものや
    大きいものは避けた方がよい
  • 特にお香典やお供えを多くいただいた方、
    通夜や葬儀のお手伝いをしてくださった方には
    改めてお礼をすることが必要
香典返しの相場

香典返しの金額の相場は一般的に「半返し」と言われています。
いただいたお香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをされる方が圧倒的に多いためです。
たとえば、10,000円いただいた方には5,000円相当の商品をご予算として考えるとよいでしょう。


香典返しの選び方

香典返しとは49日間いろいろお世話になった方へ
ありがとうの気持ちをお伝えするものです。

お一人おひとりに合わせて商品を選べると
一番良いですが、なかなか難しいと思います。
その為、一般的に香典金額ごとに商品を決めます。

香典の金額が1万円以下の場合はタオルや洗剤などが多く使われます。
それ以上の場合は、毛布や布団など、寝具が多く使われますが、
最近はご本人様に選んでいただくカタログギフトが人気です。

また、粗供養はお茶・のり・調味料の詰合せなどが人気です。

photo

香典返しで避けたほうがよいもの

たとえ「手元に残らないもの」でも中にはタブーとされている品物もあります。
一般的に肉や魚の類は「四つ足生臭もの」と呼ばれ昔から避けられています。
お酒などの嗜好品や、慶事に使われるかつお節や昆布も香典返しにはふさわしくないとされています。
また、商品券などの金券は金額が分かってしまうのであまり好まれていません。
タブーではありませんが、なるべく避けたほうがよいでしょう。


カタログギフトが人気の理由

香典返しで人気があるものの一つがカタログギフトです。

カタログギフトは「好きな物を選んでいただける」というメリットは
そのままで「金額が分かってしまう」デメリットを解消できます。
また、肉や魚、酒などのタブーとされている品物もカタログギフトの中
から選んでいただけるのであれば問題はないというのが一般的です。

・当日返しをする場合、会葬者の荷物にならない
・日持ちしない食べ物も選べる
・さまざまな価格があるため、予算や香典の額に応じて対応できる

といった理由からカタログギフトは香典返しとして人気があります。

photo

香典返しや各種法要の贈り物ならMY企画にお任せください!

Tel:0120-008-538

メールでのお問い合わせ・
資料請求はこちら

当社の紹介

資料請求について

お客様の声

よくある質問

ページTOPへ戻る △

サイドメニュー

人気の資料

私たちが心を込めて対応させて頂きます。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。